蜂の子とワーファリンの飲み合わせは問題ないの?

サプリメントとの飲み合わせが問題になる薬品としては、血液を凝固させないようにする働きのあるワーファリンが代表的です。蜂の子サプリとワーファリンには飲み合わせの問題が起きる可能性があるのか、簡単に調べてみました。

1.ワーファリンに飲み合わせが起きやすい理由

ワーファリンに飲み合わせが起きやすいのは、ビタミンKの働きと大きな関係があるからです。

1-1.そもそもワーファリンとはどのような薬なの?
脳梗塞や心筋梗塞など、血管に血栓が詰まる疾患を起こした人は、再び血栓ができやすいとされています。そのまま放置していると病気が再発し、命にかかわりかねません。脂溶性ビタミンの一種であるビタミンKには、血液を凝固させる働きがあります。このビタミンKの働きを抑えることで血液の凝固を防いでいるのが、ワーファリンなのです。

1-2.サプリとの飲み合わせが問題になるケース
ワーファリンとの飲み合わせが問題になるのは、サプリにビタミンKが含まれているケースです。ビタミンKの摂取量が増えることによって、ワーファリンの効果が落ちてしまう可能性があるからです。実際、ビタミンKの含有量が多い納豆は、ワーファリンを服用している人はあまり食べてはいけないとされています。また、ビタミンAについては逆に、ワーファリンの効果が過剰になってしまう可能性があるので、こちらも積極的に摂取すべきではないとされています。

2.蜂の子とワーファリンの飲み合わせはどうなの?

では、蜂の子サプリについてはどうなのでしょうか。蜂の子にはさまざまなビタミンが含まれていますが、ビタミンKは含まれていませんので、ワーファリンの効果が低下するようなことはありません。また、ワーファリンの効果過剰の原因となるビタミンAも含まれていません。つまり、蜂の子単体で見る限り、ワーファリンとの飲み合わせは問題なしということになりそうです。

3.まとめ-心配なら医療機関に相談を

基本的に蜂の子とワーファリンの飲み合わせは問題ありませんが、蜂の子サプリにはそれ以外の成分が添加されており、その成分にビタミンKやAが含まれていることもあります。心配ならば、かかりつけ医に聞いてみた方がいいでしょう。

トップに戻る