蜂の子は難聴に効果があるの?

蜂の子は難聴の改善に効果があるとされていますが、本当に効果があるかどうか疑問に思っている人も多いでしょう。
実は蜂の子の難聴への効果は、臨床試験によって確認されているのです。

1.どのような臨床試験が行われたの?

蜂の子と難聴についての臨床試験は岐阜大学医学部付属病院で行われ、2009年に研究結果が公表されています。

1-1.方法は?

難聴患者60人を2グループに分け、片方に酵素分解を行った蜂の子の成分を与え、もう片方のグループには偽薬を与えました。
これを12週間続け、各種データを取ったものです。

1-2.実験結果は?

酵素分解を行った蜂の子を与えたグループは、2000~4000キロヘルツ帯の聴力が大きく回復していることが分かりました。
それ以外の周波数帯でも、聴力が回復しています。
一方、偽薬を与えたグループでは2000~4000キロヘルツ帯の聴力が低下しています。
このことから、蜂の子の成分に聴力回復効果があることが分かります。

1-3.耳鳴りが低下

また、患者に対して問診を行ったところ、実験前には耳鳴りが気になると言っていた人のうち、酵素分解を行った蜂の子を与えた人からは「耳鳴りが改善した」という声があったことも分かっています。

2.実験結果の背景には何があるの?

この実験結果には、興味深い点があります。
それは、酵素分解を行った蜂の子を与えたグループは、コルチゾールというホルモンの血中濃度が低下していたことです。
コルチゾールの血中濃度は加齢によって上昇するため、難聴の原因のひとつだとされています。
また、ストレスによってコルチゾールの分泌量が増加すると、聴力が低下してしまうことも分かっています。
蜂の子によってコルチゾールの血中濃度を下げることが、聴力回復につながっているのではないかとみられています。

3.まとめ-聴力回復にはサプリがおすすめ

蜂の子をそのまま摂取しても、含まれている栄養素を完全に吸収してくれるわけではありません。
難聴対策として蜂の子を摂取するのなら、成分が吸収されやすい、酵素分解蜂の子のサプリがおすすめです。

トップに戻る