蜂の子が気持ち悪い人にはサプリがおすすめ!

蜂の子が栄養豊富であることは分かっていても、見た目や味が気持ち悪いという人は少なくありません。
そういう人におすすめしたいのが、蜂の子の栄養が凝縮されたサプリメントなのです。

1.蜂の子が気持ち悪いと言われる理由は?

蜂の子が気持ち悪いと言われる理由としては、見た目や味を挙げる人が多いでしょう。

1-1.見た目が気持ち悪い

日本にも蜂の子を食べる地域はあるとはいえ、全国的に見ると必ずしもポピュラーではありません。
しかも蜂の幼虫の見た目は完全に白い芋虫ですし、蛹は成虫になりかけの独特の形状です。
食べ慣れないもののうえ、形も特殊となれば、食べる前に気持ち悪いと思ってしまうのも仕方ないところかもしれません。
実際、あるテレビ番組でも男性タレントが蜂の子を見て嫌な顔をしていたぐらいです。

1-2.味が気持ち悪い

蜂の子の中でもスズメバチの子は、味に癖があって気持ち悪いという人がいます。
これは、スズメバチの子が食べている餌が原因です。
スズメバチは他の昆虫などを肉団子にして、幼虫に与えています。
昆虫の中には味に癖が強いものもあり、幼虫のお腹の中に餌が残っていると、この癖が出てしまうというわけです。
ちなみにお腹の中に餌が残っていない蛹は、味にあまり癖はありません。
蜂蜜を主食にしているミツバチの子も同様で、蜂蜜の影響なのか「甘い」という声もあります。

2.サプリならば気持ち悪さはない!

いずれにしても、蜂の子の豊富な栄養を摂取できないのは、ちょっともったいない気がします。
そんなあなたにおすすめしたいのが、蜂の子の栄養が凝縮されているサプリです。
見た目については何の変哲もないカプセルや錠剤なので、気持ち悪さを感じることはまずないでしょう。
味についても、幼虫のお腹の中の餌は取り除かれていますので、癖はほとんどないと言っていいでしょう。
これならば蜂の子を気持ち悪いと思っていた人も、安心して摂取できるのではないでしょうか。

トップに戻る