蜂の子はむくみにも効果的!

朝起きたときに顔がむくんでいると、太ったように見えて気分が悪くなってしまいます。
また、立ち仕事を長時間続けていると、足がパンパンにむくんでしまうことがあります。
蜂の子には、このむくみ解消に効果のある成分が含まれています。

1.むくみの原因はナトリウム

むくみが起きる原因のひとつは、ナトリウムの過剰摂取です。

1-1.なぜナトリウムでむくみが起きるの?

塩分の多量摂取などによって体内のナトリウム濃度がアップすると、細胞の浸透圧を一定に保つために、血管から細胞に染み出す水分の量が増えます。
これによって細胞内の水分が増加して膨張し、むくみの原因になるというわけです。

1-2.蜂の子のカリウムが役に立つ!

むくみの解消のためには、ナトリウムの排出を促して、細胞の浸透圧を正常な状態にする必要があります。
蜂の子に含まれているカリウムには、細胞内のナトリウムの排出を助けてくれる働きがあります。
これによって細胞内の水分が血管に戻り、むくみが解消されるというわけです。
ちなみにカリウムには利尿作用もあり、細胞から戻ってきた水分の排出を助けてくれる働きもあります。

2.血行不良もむくみの原因に

むくみの原因はナトリウムだけではありません。
血行不良もむくみの原因となるのです。

2-1.なぜ血行不良がむくみを招くの?

上にも書きましたように、むくみは血管内の水分が細胞に滲出するなど、水分の滞留によって起きるものです。
血行が良くないと、血液が比較的長時間にわたって一定の場所に滞留することになりますし、細胞内の水分の回収効率も落ちますので、むくみにつながってしまうというわけです。

2-2.蜂の子には血流促進成分も!

蜂の子にはビタミンB群のひとつであるナイアシンや、アミノ酸の一種であるアルギニンなど、血流を促進させてくれる成分が含まれています。
いずれも血管を拡張してくれるため、血管内を流れる血液の量が増え、血行促進につながります。
また、蜂の子の脂肪分はLDLコレステロールを減らすオレイン酸が多いため、血液をサラサラにして流動性を高める効果も期待できそうです。

トップに戻る