蜂の子とプロポリスは何が違うの?

蜂の子とプロポリスは同じ蜂由来ではあるものの、含まれている成分も効能も大きく違っています。
蜂の子とプロポリスの違いについて、簡単に説明していきましょう。

1.蜂の子の成分と効果は?

蜂の子は蜂の幼虫や蛹のことです。
古くから漢方薬として知られており、日本でも山間部では貴重なタンパク源のひとつとなっていました。

1-1.含まれている成分は?

蜂の子に含まれているのは、動物性タンパク質や脂肪、ミネラル、ビタミンなのです。
アミノ酸については体内で生成できない必須アミノ酸がすべて含まれています。
脂質については、LDLコレステロールを減らす働きのあるオレイン酸の含有量が最も多くなっています。
ビタミンではB群に属するコリンの含有量が多めです。
ちなみに、蜂の子はミツバチだけでなく、スズメバチやアシナガバチなども食べることが可能です。

1-2.どのような効果があるの?

必須アミノ酸がすべて含まれているため、筋肉をはじめとする体作りに役立ちます。
オレイン酸によってLDLコレステロールの量を減らすことができるうえ、コリンはレシチンの原料であるため、動脈硬化防止も期待できます。
コリンは体内でアセチルコリンにもなりますので、血流促進も期待できます。

2.プロポリスの成分と効果は?

これに対してプロポリスは、ミツバチの巣由来の成分です。
スズメバチをはじめとする他の蜂の巣からは、抽出することはできません。

2-1.含まれている成分は?

プロポリスにはビタミンやミネラルも多く含まれていますが、最も特徴的なのはアルテピリンCをはじめとする桂皮酸誘導体です。
また、ミツバチはその地域に生えている植物を巣の材料にするため、生育地によってプロポリスの成分が異なっているという特徴があります。

2-2.どのような効果があるの?

ミツバチの巣が最近だらけの屋外でも腐らないのは、桂皮酸誘導体の殺菌・抗菌効果によるものです。
人間の体内においても殺菌・抗菌効果は発揮されるため、炎症を抑える効果があり「天然の抗生物質」とも言われています。

トップに戻る