タイで蜂の子を食べよう

日本でも昔から貴重なタンパク源として山間部を中心に食べられてきた「蜂の子」。
スズメバチやアシナガバチなど、ミツバチ以外の幼虫も様々に料理されてきました。
生で食べるとすると、ほのかな甘味があり、好きな人にはおいしい珍味といいます。

けれど、日本の住宅事情などにより、生でそのまま食べたいと思っても、なかなか手に入るものではありません。
現在では、冷凍食品として手に入れることもできますが、海外では日常の食事として、現在でも「蜂の子」が食べられている国もあります。

特に「蜂の子」が一般的な食材として食べられている国はタイになります。
タイならば、一流のホテルでも「蜂の子」が食材として出されているといいます。
ホテル以外であれば、バンコク市内やラオスなど主要都市の屋台や朝市が、旅行者が「蜂の子」を食べやすい場所でしょう。

けれど、家庭料理の食材として「蜂の子」を使うことが定着しているタイですから、一般家庭にお邪魔する機会があればとれたての蜂の巣を使った様々な料理に出会えるかもしれません。

このような「蜂の子」には、豊富な栄養素だけでなく、滋養強壮、ストレス対策にもよい食材とされています。

けれど「蜂の子」そのものは、その外観から積極的に食べたいと思う現代の日本人は、やはり少ないといえるでしょう。
タイで「蜂の子」に挑戦してみて、やはり無理という人は、せめて「蜂の子」の栄養だけでもサプリメントなどで取りたいものです。

トップに戻る