低分子の蜂の子、効果は?

蜂の子サプリメントの中には、含有成分を酵素分解するなど、低分子化している商品もあります。蜂の子を低分子化することで、効果にどのような違いが出てくるのでしょうか。

1.タンパク質はそのままでは吸収できない

実は食事をしても、すべての栄養素が吸収されているわけではありません。タンパク質や脂質を摂取しても、そのままでは吸収できないからです。

1-1.タンパク質の分子は大きい
蜂の子には豊富なタンパク質が含まれています。タンパク質はアミノ酸がたくさん結合してできる高分子化合物なので、分子1つの粒が大きく、腸壁から吸収することができません。腸壁から吸収するためには、分子のサイズが小さいに分解してやる必要があります。

1-2.すべてが吸収できるわけではない
タンパク質は胃で分泌されるペプシンによってペプチドに分解され、膵臓から分泌されるトリプシンなどによってアミノ酸に分解されます。ただ、これらの酵素の働きがあっても、すべてのタンパク質が分解できるわけではありません。分解できなかったタンパク質は腸壁から吸収されず、そのまま体外に排出されてしまうというわけです。

2.低分子化によって吸収率がアップ!

蜂の子のタンパク質を無駄にしてしまわないためには、腸壁で吸収されやすいようにするため、あらかじめ分解しておいた方がいいのです。酵素分解による低分子化は、このためのものなのです。あらかじめアミノ酸に分解しておけばそのまま腸壁から吸収されますし、ペプチドならば胃でのプロセスを省略できるというわけです。含有成分の吸収力がアップすれば、それだけサプリの効果が大きくなってくれるというわけです。

3.まとめ-蜂の子の低分子化で効果アップ!

蜂の子を低分子化することで新たな効果が得られるわけではありませんが、含有成分が吸収されやすくなることで、低分子化していないものよりも効果は大きくなります。一般的な蜂の子サプリよりも大きな効果がほしいと考えているならば、低分子化している商品の購入を検討してみましょう。

トップに戻る