蜂の子と飲み合わせが良さそうな栄養素は?

蜂の子に豊富な栄養素が含まれているとはいえ、すべての栄養素をカバーしているわけではありません。足りない栄養素を補うことで、より大きな効果が期待できるケースもあります。蜂の子サプリメントと飲み合わせが良さそうな栄養素には、どのようなものがあるのでしょうか。

1.ビタミンB6

蜂の子が鬱状態の緩和に効果的だとされているのは、脳内物質・セロトニンの原料であるトリプトファンという必須アミノ酸が含まれているためです。ただ、セロトニン生成にはトリプトファン以外にもビタミンB6が必要ですが、蜂の子には含まれていません。ビタミンB6が配合されているサプリと一緒に摂取することで、より多くのセロトニン生成が期待できるのです。

2.葉酸&ビタミンB12

蜂の子にはヘモグロビンの生成に必要な鉄と亜鉛が含まれているため、貧血の改善に役立つとされています。ただ、貧血はヘモグロビンの不足だけでなく、赤血球そのものが不足しても起きるものです。赤血球の数を増やすためには葉酸とビタミンB12が必要ですが、蜂の子には含まれていません。葉酸とビタミンB12と一緒に摂取すれば、よりしっかりとした貧血対策につながってくれるのです。

3.ビタミンD

蜂の子には骨の原料であるカルシウムとマグネシウム、リンが含まれており、骨を丈夫にするのに役立ちます。ただ、これらの原料が骨になってくれるためには、体内にカルシウムを取り込む働きのあるビタミンDが必要で、このビタミンDも蜂の子には含まれていません。蜂の子とビタミンDと一緒に摂取すれば、蜂の子に含まれているカルシウムの吸収が促され、骨がより丈夫になることが期待できます。

4.まとめ-バランスの良い食生活を!

これらの栄養素はサプリではなく、食物から摂取することも可能です。蜂の子が栄養豊富だといっても、それだけ食べていては不十分です。上記の栄養素を含む食べ物を摂取するためにも、バランスの良い食生活を心がけるようにしていきましょう。

トップに戻る