蜂の子には美肌効果もあった!

蜂の子といえば難聴の症状改善に役立つなど、さまざまな効果があることで知られています。実は蜂の子には美肌効果もあるのです。蜂の子のどのような栄養素が美肌効果につながっているのかについて、説明していきましょう。

1.コラーゲンとエラスチンの生成量をアップ!

蜂の子の栄養分には、肌に張りを与えるコラーゲンとエラスチンの原料が含まれています。

1-1.肌の張りがなくなる原因とは?
コラーゲンとエラスチンは、いずれも真皮の線維芽細胞で生成されています。若いころは線維芽細胞の働きが活発ですが、加齢によって働きが次第に衰えていきます。線維芽細胞の働きが悪くなると、コラーゲンやエラスチンの生成量が減少し、肌に張りがなくなっていくというわけです。

1-2.コラーゲンとエラスチンの原料が含まれている
コラーゲンとエラスチンの生成にはグリシン、プロリン、アラニン、バリンなどのアミノ酸と、ビタミンCが必要になってきます。蜂の子には、このすべての栄養素が含まれているのです。蜂の子摂取によってコラーゲンとエラスチンの生成に必要な栄養素を増やせば、コラーゲンとエラスチンの生成が促され、美肌効果につながることが期待できるのです。

2.ビタミンCには抗酸化作用もある

ビタミンCはコラーゲンやエラスチンの生成に必要なだけでなく、抗酸化作用によって活性酸素の働きを抑え、肌へのダメージを減らします。活性酸素は肌の細胞を傷つけて、シワの原因を作ってしまいます。また、活性酸素の働きが強いとメラニン色素の生成量が増加し、シミの原因となります。ビタミンCによって活性酸素の働きを抑えることで、肌へのダメージやメラニン色素の生成を防ぎ、美肌につながってくれるというわけです。

3.まとめ-美肌のために蜂の子を取り入れよう!

このように、蜂の子には美肌に効果的とされる栄養素が含まれています。蜂の子そのものを食べたり、サプリを摂取したりするだけではなく、蜂の子エキス配合の化粧品もありますので、効果を確かめてみてはいかがでしょうか。

トップに戻る