蜂の子は耳鳴りに効くの?

蜂の子は昔から、栄養の宝庫として珍重され、食べられてきました。
は色々とありますが、蜂の子の効能は中でも耳鳴りや難聴を改善する効果についてご紹介します。

まず、耳鳴りというのは、外界から何も音の刺激がないにも関わらず、何かしらの音が鳴っていると思ってしまう状態のことを指します。
また、難聴とは外界からの音が聞こえにくいという状態を指します。
耳鳴りを訴える方の9割が、難聴も併発しているという報告があります。

ある研究所が行った実験で、たんぱく質を分解した酵素分解蜂の子を利用し、耳鳴りがどれほど回復するかについて調べました。
耳鳴り、難聴の疾患を持つ患者さんを対象として、ひとつのグループには酵素分解蜂の子を、もうひとつのグループには偽の薬を12週間摂取するように指示し、後日どれほど症状が回復したかを調べました。
その結果、酵素分解蜂の子を摂取したほうのグループが、症状が改善するという結果が出ました。

酵素分解蜂の子を摂取したグループは、血液中に存在するストレスを与えてしまうホルモンであるコルチゾールの値が減っていました。
偽の薬のグループの方では、変化が見られませんでした。

また、酵素分解蜂の子を摂取したグループの方は、耳鳴りが原因で憂鬱になってしまったり、耳鳴りを制御できないと感じていたストレスが緩和していることもわかりました。

このように、蜂の子には耳鳴り、難聴の症状を緩和させる力
があるのです。

トップに戻る