蜂の子に含まれる必須アミノ酸とは?

栄養価に優れ、たんぱく質やミネラル、ビタミンなどをたくさん含んでいる蜂の子ですが、必須アミノ酸をはじめとしたアミノ酸類が豊富に含まれていることも大きな特徴のひとつです。

蜂の子に含まれている必須アミノ酸の種類はおよそ九種類、ロイシン、リジン、イソロイシンなど、聞きなれないかもしれませんがすべて必須アミノ酸の名称です。
必須アミノ酸は人の体で作ることができないので、食物などから摂取しなければなりません。
必須アミノ酸のどれかが欠けるとたんぱく質がうまく合成できなくなってしまうので、必須アミノ酸各種をほどよく摂取することは体の成長や健康維持には大変重要なのです。

とはいえ食事だけではなかなかうまくいきませんので、蜂の子のサプリメントなどを利用して、必須アミノ酸の過不足がないように日々心がけるとよいでしょう。

さらに、蜂の子に含まれている必須アミノ酸には自律神経のバランスを整える作用があるとされています。
特にトリプトファンと呼ばれる成分にその効果がたくさん含まれているとされているのですが、この成分はホルモンを安定させる効果や、精神の安定、抗うつ効果などが期待されています。

ストレスによる不眠や生理不順、疲労回復など、さまざまな症状に効果がありますので、なんとなく気分がすぐれない、気がかりなことがあってよく眠れないなど心と体の不調を感じている人にはぜひ蜂の子をおすすめします。

トップに戻る